辻充孝

2/5ページ

太陽光発電は自家消費率を高める(心地よいエコハウスのつくり方27)

不安定なエネルギー自給率を考えると、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を目指すべきです。 ZEHのつくり方はシンプルで、使用するエネルギー以上のエネルギーをつくり出せば実現できます。 たとえば、省エネ基準程度の性能の住宅でもたっぷりの太陽光発電(8kW)を載せると年間エネルギー収支は、売電分を含めゼロエネルギー以上になっています。 ですが、日中に使いきれず8割近くが売電されています。 また […]

エネルギーから光熱費を予測する(心地よいエコハウスのつくり方26)

省エネが進めば、当然、光熱費は減ります。 しかし、消費エネルギーが半分で光熱費も半分・・・というわけではありません。 1次エネルギー換算係数と料金単価(地域ごとに適切な値に変更してください)から1MJあたりのエネルギー単価を計算してみます。 同じ1MJのエネルギーでも必要なコストは2倍以上も異なります。 たとえば、エコジョーズは23,686MJ/年なので、都市ガス単価4.40円/MJを乗じると、1 […]

暖房エネルギー削減は断熱と日射熱取得(心地よいエコハウスのつくり方25)

高性能エアコンを設置しても1割程度しか削減できませんでした。 省エネのエアコンか心地よさの床暖房 ですが断熱性能を2倍に向上させると暖房エネルギーは2倍以上減っています。(ηAHが同じ場合) これは断熱によって室内の冷たい空気がなくなりエアコンの設備効率が上がることに加え、室内の表面温度が向上するためです。 ですが、いくら高断熱でも窓が小さかったり、雨戸を閉めっぱなしだと日射が入らず暖房エネルギー […]

環境家計簿で暮らしを読む

「ぜんぶ絵でわかる7 エコハウス」175頁の最新情報の補遺「標準値2016-2020年版」です。 書籍では2005-2010年の標準値を掲載していましたが、2016-2020年の標準値を新たに作成しました。大きくは異なりませんが、数%程度少なくなっています。書籍の標準値2006-2010と比較すると、10年間でどの程度エネルギー使用量が変化したかわかります。 下記のPDFをA4等倍印刷していただく […]

省エネのエアコンか心地よさの床暖房(心地よいエコハウスのつくり方24)

温暖地の暖房エネルギーは間歇空調で家全体の17%、全館空調では35%近く占めます。 UA値0.87W/m2Kの断熱性能の住宅に普及型エアコンを設置したエネルギーを基準に暖房設備を比較します。 普及型エアコンと、高性能エアコンの差は10%もないくらい。 高性能エアコンは、空気清浄機能やお掃除機能などの高機能化が主で、省エネ性能は普及型でもそれなりに出ています。 省エネ性能で見ると、エアコンが最も省エ […]

日本のエネルギー自給率2021年度

「ぜんぶ絵でわかる7 エコハウス」177頁の最新情報の補遺「エネルギー自給率の2021年度版」です。   日本の自給率がどのくらいあるか考えたことはあるでしょうか。 食料自給率は38%(2022年度)、木材自給率は40.7%(2022年度)です。どちらも6割近くを海外に依存しています。 ではすべての生産活動の大元となるエネルギー自給率はどのくらいでしょうか。 経済産業省 資源エネルギー庁 […]

給湯は太陽熱温水器かエコキュート(心地よいエコハウスのつくり方23)

温暖地で3割近いエネルギーを占める給湯エネルギーの削減を計算してみます。 ガス給湯器の中でも効率の良いエコジョーズを基準に各種給湯器を比較してみます。 エコジョーズは従来型に比べて2割程度効率が良いですが、電気ヒートポンプのエコキュートはさらに上を行きます。 同じエコキュートでもJIS効率の違いでそれなりに差が出ます。 JIS効率とは1の電気から何倍の熱を得られるかを示す数値です。機器単独の効率を […]

エネルギー計算プログラムを活用する(心地よいエコハウスのつくり方22)

省エネ効果の推計には筆者も開発に関わっている自立循環プログラムをおすすめします。 これは信頼性の高い省エネ基準と同じ計算エンジンを用いて、居住人数や暖冷房方式、家電評価など、省エネ基準では評価できない内容が計算ができるようになっており、住まい手の状況や暮らし方に合わせて計算ができます。 自立循環WEBプロの拡張項目は以下の通りです。(2024年4月現在) ・居住人数の変更(1人~4人) ・自然風利 […]

環境家計簿 2016~2020年版

環境家計簿をご存じでしょうか。 電気やガス、灯油といった光熱使用量から、皆さんがどの程度のエネルギーを使用しているかを分析するツールです。 単純に使ったエネルギー量だけだと、多いか少ないかがわかりませんよね。 そこで、標準的なエネルギー量と比較することで、冬はエネルギーを多く使っている(暖房が多い)とか、春は少な目(家電や照明が少ない)だとかの目安がわかります。 これまでも、ダウンロードできるよう […]

省エネはエネルギーバランスから考える(心地よいエコハウスのつくり方21)

エネルギー自給率を向上させる 主要国(OECD38ヵ国)のエネルギー自給率を比較すると、日本は13.3%(2021年度)で37位と極端に低いです。 つまり、9割近くを海外の化石燃料に依存しており、海外情勢によって電気やガソリンなどエネルギー価格の変動に振り回されています。 エネルギーセキュリティとして脆弱と言わざるを得ません。 エネルギー自給率を上げるには、省エネと創エネの両輪を向上させる必要があ […]

1 2 5