著書・メディア

連載

・建築知識 「無理しないで心地よくエコに暮らす住まいのルール」建築知識2020年6月から連載中

2021年3月号 第9回「周辺環境から日照を読む」
RULE1 建物は南向きに計画する
RULE2 日影図で日照状況を検討
RULE3 等時間日影図を読む
RULE4 隣棟からの離隔を確保する
やってみよう! 「実践!隣棟の日照検討」

2021年2月号 第8回「太陽の動きを読み解く」
RULE1 夏至と冬至の検討だけでは不十分
RULE2 時間ごとの方位や傾きを読み切る
RULE3 庇の出は窓高さの3割
RULE4 庇+すだれで日照を調整
やってみよう! 「冷房期と暖房期の庇の出の効果検討」

2021年1月号 第7回「気候を分析する」
RULE1 同じ日本でも特徴はさまざま
RULE2 発想の転換で良さを見つける
RULE3 気候は比較で読み解く
やってみよう! 「気象分析(気温、日照、降水量、風)」

2020年12月号 第6回「寝室の環境を整える」
RULE1 一番大切にしたいのは寝室
RULE2 寝室は16℃以上に
RULE3 朝に光で目覚めるのがベスト
RULE4 連続暖房で寒さをなくす
やってみよう! 「寝室環境をチェックしてみる」

2020年11月号 第5回「住まいの空気を考える」
RULE1 空気の質にこだわる
RULE2 換気と通風は分けて考える
RULE3 換気目的なら短時間の窓開けで十分
RULE4 高気密住宅なら機械換気を主に窓換気を助に使う
やってみよう! 「室内の空気質を測定してみる」

2020年10月号 第4回「バランス感覚を身に付ける」
RULE1 ブレない優先順位で計画を
RULE2 「省エネ基準」レベルより上の断熱を目指す
RULE3 25年以上住むならG2レベル以上
やってみよう! 「住まいメモ(現状の暮らし)をまとめてみる」

2020年9月号 第3回「家づくりの常識のウソ」
RULE1 家の作り様は夏冬旨とすべし
RULE2 家相や風水には今人の知恵で対処
RULE3 南の大開口にこだわらない
RULE4 日本製がよいとは限らない
やってみよう! 「価値観アンケート」

2020年8月号 第2回「エコな暮らしの実践」
RULE1 省エネの第一歩は給湯から
RULE2 光熱費を平均と比較する
RULE3 燃料ごとに暮らしを分析する
やってみよう! 「環境家計簿で暮らしを分析」

2020年6月号 第1回「本当の心地よさって?」
RULE1 「快適」よりも「心地よい」を目指す
RULE2 室温だけを目安にしない
RULE3 多少の温度ムラはあったほうがよい
やってみよう! 「暮らしの温湿度を計測する」

専門誌

・最もくわしい屋根・小屋組の図鑑(エクスナレッジ)【共著】
・建築士技術研修テキスト 建築環境編(公益社団法人 建築士会連合会)【共著】
・建築士技術研修テキスト 戸建て住宅設計編(公益社団法人 建築士会連合会)【共著】
・自立循環型住宅 設計実例vol.1(建築環境・省エネルギー機構)【共著】
・木の家リフォームを勉強する本(農文協)【共著】
・最高のリフォームをデザインする方法(エクスナレッジ)【共著】
・省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル(エクスナレッジ)【共著】
・和の小住宅2(ワールドフォトプレス)【共著】
・既存建築物の耐震改修デザイン(日本建築学会)【共著】
・木の家に住むことを勉強する本(農文協)【共著】

専門誌、雑誌

・ぎふ家づくりの2020版(サンメッセ)巻頭特集「木造住宅でエネルギー自給を目指す」3P
・ぎふ家づくりの2019版(サンメッセ)巻頭特集「経年変化を楽しむ暮らしへ」12P
・Housing Tribune vol.567「セルロースファイバーの容積比熱による優位性を検証」2p
・建築とまちづくり No.479「全体の調和がとれたエコハウス」4p
・ぎふ家づくりの2018版(サンメッセ)巻頭特集「リノベーションから学ぶ家づくりの基本」16P
・ぎふの木の住まいリフォーム版2017(ぎふの木の住まい協議会)「光熱費を削減する省エネリフォームと健康性を担保する断熱改修」6P
・ぎふ家づくりの2017年版(サンメッセ)巻頭特集「燃費のいい快適な家のつくり方」16P
・ぎふ家づくりの本2016年版(サンメッセ)巻頭特集「計画力のある家の、つくり方」11P
・機関誌IBEC No.211(IBEC)「自立循環型住宅研究における研究報告その2 自然と暮らす家、カミノハウス」5P
・建築ジャーナル2015年4月No.1237(建築ジャーナル)「住宅医がゆく!改修補強の現場から4」2P
・ぎふ家づくりの本2015年版(サンメッセ)巻頭特集「健康に暮らす家の、つくり方」8P
・ぎふの木の住まいVOL5(ぎふの木の住まい協議会)「暮らしに寄り添うパッシブデザインの考え方」2P
・大規模施設の木質構造設計マニュアル(しまね木造塾)「断熱・省エネルギー・結露」7P
・ぎふ家づくりの本2014年版(サンメッセ)巻頭特集「自然と暮らす家の、つくり方」10P
・住宅建築2014年8月No.446(建築資料研究社)「街をつなぐ面影 美濃町の家」8P
・ぎふ家づくりの本2013年増刊号(サンメッセ)巻頭特集「リノベーション住宅」6P
・建築技術2012年1月No.744(建築技術)「気象を読む方法」4P
・住宅建築2012年8月No.434(建築資料研究社)「胡桃山荘にみるJパネルハウスの温熱性能」1P
・住宅建築2012年4月No.432(建築資料研究社)「省エネ住宅設計の実践 小野の長家」4P
・機関誌IBEC No.193(IBEC)「自立循環型住宅研究における研究報告 実践で活きる自立循環型住宅」4P
・ぎふ家づくりの本2011年版(サンメッセ)巻頭特集「エコな家を建てよう」10P
・CEL Vol.95(大阪ガス エネルギー文化研究所)「地域の長良杉を活用した魅力ある交流環境づくり」2P
・新建ハウジングPlus1 No.554 2011.7(新建新聞社)
・ぎふ家づくりの本2010年版(サンメッセ)巻頭特集「岐阜の風土を知る 岐阜の気候」8P
・建築知識2010年3月No.664(エクスナレッジ)「的を得た提案は事前調査次第」4P
・NPO 木の建築23(木の建築フォラム)「木の建築賞 大賞 道の駅 美濃にわか茶屋」2P
・チルチンびと 47号(風土社) 2008.3「断熱材の種類による断熱性能K値の違い」2P

出演

コメンテーターとして NHK総合「サキどり ~暮らしが変わる!?省エネ住宅最前線」(2016年6月5日放映)

論文

・加納慎也 中谷岳史 松田侑樹 辻充孝 大澤徹夫;「熱容量による貫流熱量低減の実験的検討 : 夏期の屋外実験」,日本建築学会2015
・富田守泰 辻充孝;「公共建築物(道の駅)におけるスギ製材の利用と課題」,木材学会2007
・Katsuhiko Kohara and Mitsutaka Tsuji; “A Study on the Educational Effect of the Timber Building Design with the Regional Timbers Based on the Inhabitant Participation Workshop “, the 11th World Conference on Timber Engineering 2010.6, Riva del Garda, Trentino, Italy
・小原勝彦 河本和義 辻充孝;「木造軸組構法建築の振動性状に関する研究 : その1 民家型・町屋型住宅の振動性状」,日本建築学会2004